スポンサーリンク

2018-07-12

【NVIDIA】GeForceGPU使ってサクサクブラウザーゲーム配信しようぜっ

【NVIDIA】GeForceGPU使ってサクサクブラウザーゲーム配信しようぜっ
オンラインゲームを楽しみ隊
最近始まったDMMのブラウザーゲームのクラン戦記
配信したいけどハードウェアアクセラレーションを切らないとOBSで配信できない…
でも切るとCPU負荷がやばくて処理落ちでラグがやばい…

そんなDMM以外のブラウザーゲームでもあるあるな現象を回避する方法がありますっ
※GPUがNVIDIAのGeForceシリーズである程度新しくないと使えません
非常に危険な注意事項があるのでしっかり読んでねっ
それとOBSでの配信の仕方が分かっているのを前提にYouTube登録部分を端折ったり、
DL部分に関しても端折って書いてる部分があります
あくまでもOBS試してダメだった方向けに書いているのでご理解頂ければと思います
ついでに今回の解説部分で端折るのに使っているリンクは全部外部リンクです

目次
1.GeForceExperienceの準備
2.Chromeの準備
3.いざ配信
4.配信比較

1.GeForceExperienceの準備

まずはGeForceExperienceをダウンロードします
ダウンロード時の設定に関しては書いてある通りに進めるのでここでは端折ります

配信するゲームにもよりますが、
最低でもこれくらいのスペックが欲しいという感じになりそうです

GeForceExperienceのDLが終わったら図の順番通りに押します

すると以下のような画面になるので、
以下3項目を設定します(必要最低限なので、他の項目は自身でご確認を)

まずは接続するから
配信したい所をクリックしてログインします
ログイン情報入力部分は端折ります
※以降YouTubeで配信するための設定

次にブロードキャストライブ設定
YouTubeに配信するために書き画像通り設定
カスタムオーバーレイでチャット隠したりしたい方は、
リンクへどうぞ

プライバシー管理は下記画像通りONにするだけですが…
配信時は現在ディスプレイに映っている画面が全て丸々映りますっ

というボタンなので、

配信時に個人情報入力とかするとモロに映るので大変危険です

配信時はゲーム部分に集中できるように必要ないものは全て閉じておいた方が無難です

終わったら戻るを押して、同じくらいの場所に出る完了ボタンを押すと…
GeForceExperienceの設定は完了ですっ
配信時にはまたこの画面使いますけどっ

2.Chromeの準備

拡張機能のdemadoを入れます

Chromeの右上部分に拡張機能が表示されるのでdemadoをクリックします

+ボタンが表示されると思うのでそこを更にクリックします

こんな感じに設定します(雑
クラン戦記以外の切り取りはまだ試してないので、
他のゲームがやりたい方は自身の手で切り取り&ズーム処理してみてくださいねっ
ちなみに倍率は単純に
切り取り1334×750→約1.44倍→ディスプレイ1920×1080とか言う具合です
四角形型や縦長のゲームだと横あまりが確実なので、
チャット欄でも出しておくと良いと思いますっ
YouTubeLiveCommentViewerの設置場所として開けて置くのも良いかもしれません…?
まぁその場合はフルスクリーンに出来ないので、
ズーム倍率がまた変わってきますがそれはまた別の話ということで一つ…


設定が終わったら早速起動してみましょうChromeの右上に出てるdemado部分をクリックすると作ったやつの項目が出るのでそちらをクリックします
するとこんな感じで画面が出ます
はい、ずれてますね(苦笑)
ここでF11押すと他のブラウザーと同じようにフルスクリーン化出来ます
※ショートカット変えてる方はそちらのフルスクリーンボタンに設定したものを押してねっ

はい、フルスクリーンにしましたっ
まぁこの通りフルスクリーンにして他の何も映さないという条件はなんとかなりましたが、
YouTubeliveCommentViewerを置く場所がなかったので、
邪魔にならない所に置いてます
こんな感じで
若干見栄えが悪い気もしますがそこは妥協しました
コメントをスマホで確認するという方法もあるので、
見栄えとして気になる方はスマホで確認しながらどうぞ

返信もスマホかマイクで実況してる場合はマイク音声で返答すれば良いと思います
私は実況もスマホで確認するのも面倒だと思ったので妥協してコメビュを最前面設置しています

3.いざ配信

設定し終わってプレイするゲームの準備が上記で整ったので早速配信っ

GeForceExperienceで最後に完了を押した後の画面まで行って起動ボタンを押しますっ

すると以下のような画面がでますっ
後はタイトル書いて配信開始するを押したタイミングで配信が開始されますっ

ライブストリーミングではなくイベント予約枠でいきなり配信開始されているのでお間違えなく

TwitterやYouTubeliveCommentViewerにURLを載せてる映像を部分を映したくない場合は一時停止ボタンを、
ボタン1個で配信画面に行きたい場合はショートカットボタンを設定すると良いですっ
※ただし時間経過して一時停止ボタンが表示されてる状態で配信されたままで、
履歴に残す際も一時停止中の映像が流れているので、
映像を残すのであればカットで編集するのをオススメしておきます
どちらも元々設定されていますが何が設定されてたか…コレガワカラナイ
私はページダウンとアップ使ってないからそちらを設定しました
同時押しも行けるのでお好みで設定してください

4.配信比較

大分快適になった感があるのを見てもらうために比較で置いておきます

OBSで配信・ハードウェアアクセラレーション無し

GeForceExperienceで配信・ハードウェアアクセラレーション有り
※YouTubeの動画編集で最初のTwitter告知や配信URLコピーの部分をカットしてます

移動やスキル使用が大分ぬるぬる動くようになってますねっ
ハードウェアアクセラレーションバンザーイ!
GeForceExperience配信バンザーイ!
demado便利バンザーイ!



GeForceGPU使ってサクサクブラウザーゲーム配信しようぜっは以上で終了しますっ
フォロワーやコメント、ランキングボタンを押してくれるとやる気が出るのでお願いしていますっ

0 件のコメント:

コメントを投稿

フォローして頂けると嬉しいですっ

スポンサーリンク

最近のコメント