スポンサーリンク

2016-12-07

【Tos】ソードマン・育成ビルド解説

【Tos】ソードマン・育成ビルド解説
ユウジのゲーム攻略部
目次

それでは早速育成予定のソードマンビルドを書いていこうと思いますっ


ビルドと目的

ソードマンC1
ペルタストC1C2
ロデレロC1C2C3
シノビC1
ムルミロC1
敏捷極
瞬間火力のロマンを求めて育成しますっ
ムルミロ分身シューティングスターの総合ダメージに期待するビルドですっ
注意・敏捷極をする場合、装備が揃ってないと、
後半かなりきついので1割か2割、体力に振った方が良いです。

各クラスのスキル選択

<ソードマン・C1



使用スキル
・デアデビル・Lv5
物理攻撃力が上がり物理防御力が下がるバフスキル。
序盤から中盤にかけてはそれほど防御力が必要無いので常用。
どのクラスに転職しても火力の底上げが出来るので優秀。

・コンセトレイト・Lv5
物理攻撃の威力アップのバフスキル。
デメリットがないので常用すると楽に戦える。
デアデビルと違い、物理防御が下がらないが、
バフの解除条件が接続時間以外に回数制限があるので、
デアデビルよりSP効率は劣る。

・ペインバリア・Lv5
攻撃を受けてもノックバックや吹き飛ばしが起こらなくなるバフスキル。
ノックバックや吹き飛ばしが厄介な敵に対して使うと楽になる。


×
使用しないスキル
・スラスト
・バッシュ
デアデビルとコンセトレイトで攻撃力を上げると、
特に必要がない程度に火力は確保できるので、
特に必要なし。

<ペルタストC1C2



使用スキル
・スワッシュバックリング・Lv10
敵を集めるのに便利な集敵スキル。
ソードマン=スワッシュマンと言われる位の重要スキルです。
これのためにペルタストになるといっても過言ではありません。
PTに困らないようにしたい場合はLv5とっておくと安心です。
インスタンスダンジョン(以下ID)等の敵が多い場所ではLv10あるとかなり楽です。
ただし、ソードマンは絶対に取らないといけません!といったものではないのであしからず。

・アンボブロー・Lv10
序盤の範囲攻撃として優秀。

・リムブロー・Lv6
小型と中型の敵をバラけさせてしまうので、
ソロかボス戦位にしか出番は無いが、そこそこ火力はある。

・ガーディアン・Lv1
物理攻撃力が下がり、物理防御力が上がる、ソードマンスキルのデアデビルと対極のバフスキル。
同時使用も出来ません。
特性を振ることで回避が18%上げれるので、敏捷極と相性が良い。
Lv1でも常時使用でき、ほぼ火力を下げずに防御力と回避率の上がるLv1の使い勝手は抜群。

後半になるとスキル攻撃力がインフレ状態なので、
物理攻撃が多少上がるデアデビルの効果が薄くなり、
物理防御と回避を上げて生存率を伸ばせるガーディアンを使うことになります。
個人的に使用し始めるはレベル190辺りからを予定。

・ハイガード・Lv3
物理攻撃力が下がり、ブロック率が上がるバフスキル。
Lv6以上のアンボブローとリムブローの攻撃力を上げる特性があるので、
中盤までのスキル火力の底上げ用。
物理防御力特性を上げるのにLv3必要なのでLv3に。

×
使用しないスキル
・シールドロブ
盾を投げる範囲攻撃。
序盤はそれなりに使える火力スキルであるとは思うが、
盾を投げた際に盾の防御力が無くなるので、
見送ることにした。

<ロデレロC1C2C3



○使用スキル
タージスマッシュ・Lv15
OH3回、特定条件時に火力UPAOE+3
更にC1スキルの中で一番火力があるのでチョイス。
ムルミロの特性で更に強化される。

スリザリング・Lv1
物理攻撃と魔法攻撃を9割型防ぐ事が出来る防御スキル。
打撃属性のダメージが増えるデバフを敵に与えられるので、
補助スキルとしても有用。

シールドバッシュ・Lv10
出が早く、火力も高め、OH2回、
敵のステータスを入れ替える事で敵を弱体化させることが出来る。
一部例外はあるかもしれない…?
ムルミロの特性で更に強化される。

シューティングスター・Lv5
メイン火力。
ムルミロの特性で更に強化される。

ハイキック・Lv5
デバフで敵の被打撃ダメージが追加される。
火力はあるが、ムルミロ特性で強化されないので、
SP節約としてLv1でも良いかもしれない。

スキルポイントが9余りますが、他はお好みで。

×
使用しないスキル
・シールドチャージ
弓攻撃に対するブロック率が上がる防御スキル。
290IDだと弓に群がられる所があるので1あっても良いかもしれない。

・シールドジャビング
敵に当てると敵が後ろを向き、
一時的に行動制限をつけることが出来るスキル。
1回で敵の1回分の攻撃が阻害できる程度。
OH2回なので2回分。
悪くは無いけどタージスマッシュとどちらをメインで使おうか迷ったが、
火力を優先した。
余りを入れても中途半端な火力なので、1振りで阻害用にしてみるのも?

・シールドプッシュ
敵の防御を一時的に下げるデバフスキル。
ボスに効かず、範囲も狭いので、使い所が殆ど無い。
ボスに効くなら使い道はあったのに…

・モンタノ
敵を転倒させる妨害スキル。
シールドプッシュより阻害率が高いので、
近接攻撃が痛い所の盾をやるのであれば、
使い道はあるかも。阻害用であればLv1で十分。

<シノビC1※隠し職で公式画像がないため、画像は省きます


○使用スキル
・忍法 分身の術・Lv5
自分の分身を召喚する。
通常攻撃と特定のスキルのみ、分身+本体分攻撃を発生させる。
スキルレベル×1人増えるので、単純に6倍ダメージを与えることが出来る。
ムルミロ特性が乗らないので、R8以降は6倍より低い

注意点としては、分身の数が増える程被害ダメージが増えるのと、
分身の詠唱がそこそこ長いのと、
分身中はスタミナを消費し、スタミナが足りなくなった時点でも分身が消える点と、
効果時間がCDの半分無い事。
欠点は多いがそれ以上の価値はある。

・クナイ・Lv5
OH2回、CD短い、範囲もそれなり、多段ヒットするので火力も高い。
取らない理由は無い。

・忍法 木遁の術・Lv1
・忍法 微塵の術・Lv3
・忍法 火遁の術・Lv1

ハイド特性や敵のターゲットを切るのに使う程度の予定。
微塵は自爆技なので、現在HPに注意して使用する必要がある。
火遁と微塵はSP以外にも専用アイテムを使用するので、コスパが悪い。

×使用しないスキル
無し

隠し職はC1しか出来ません。変更があるかどうかは不明。

<ムルミロC1



○使用スキル
・カシスクリスタ・Lv1
ムルミロスキルを使う前提スキル
特性でペルタストとロデレロの盾攻撃スキルを強化出来る。
特性費用が高いので、ペルタストスキルは強化しない予定。

・スキュータムヒット・Lv5
OH3AOE+3、火力も範囲も良いので採用。 

・ヘッドバッド
特性で打撃ダメージUPのデバフをつけることが出来る。

・イヴェイドスラスト
使いやすさでこちらを選択

ヘッドバッドとイヴェイドスラストは、
どちらをLv4にするかは実際に使ってから決めようと思うので、
レベルを記載していない。

×
使用しないスキル
・フレンジードスラッシュ
攻撃時に移動してしまうので、
盾職で活動する際に使いづらそうだと判断したため。

以上で育成するソードマンのビルド解説は終わりです。
質問等があればコメント頂ければ幸いです。

明日はアーチャー職の執筆を予定しております。

0 件のコメント:

コメントを投稿

フォローして頂けると嬉しいですっ

ブログランキング
下記2つを押して応援して頂けると嬉しいですっ

にほんブログ村 ゲームブログへ
にほんブログ村


ゲーム全般ランキングへ

スポンサーリンク

最近のコメント